あたしの姑はビックリするとぽーっ!と言います。


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
NewEntry
Category
Archives
Comment
Links
Profile
Other
Mobile
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- -
ばばちゃんへ




じじちゃんの時も弔辞を読んだけど、じじちゃんの時同様、
涙で字はよく見えないし、涙声で半分何言ってるか分からなかったと思う、私の弔辞。
ばばちゃん、聞いててくれたかな。

最後に、ひ孫のむすめが弔辞を読んだけど、
むすめの方があたしより号泣してしまって、
嗚咽でほとんど何を言っているか分からなかったけど、
一人で最後まで読んだ姿に、感動しました。(←親バカ)
むすめの弔辞で、会場中はもちろんのこと、お寺の和尚さんまでもが涙していました。

弔辞を読んだ後、不思議と心が落ち着いてきました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ばばちゃんへ


「何食う?何食べで?」
ばばちゃんの家に遊びに行くと、決まっていうこの台詞。
入院したばばちゃんにお見舞に行ったときも、開口一番にこの言葉で
した。
いつも私たちに、美味しいごっつおを食べさせたくて、
あれやこれや
と用意してくれていたばばちゃん。
私は、ばばちゃんの作ったごちそうが大好きでした。

ばばちゃんの作った、「“玉菜”のけんちん」や「いとこ煮」、「ナ
ス漬け」や「きゅうり漬け」、
「かわりごはん」は、世界で一番おい
しいごっつおです。
食べたくてももう食べられないんだね。
ばばちゃ
んの真似して作ってみるけど、
なかなかばばちゃんと同じ味にはなり
ません。

おとといからずっと、私が小さかった頃のことを思い出していました。
おでかけはいつもばばちゃんと一緒でした。一緒にバスにも乗りまし
た。
ばばちゃんの友達の家にも行きました。
畑に行くときは、畑用の
一輪車に私を乗せて、ばばちゃんがそれを押して畑まで行きました。

ばばちゃんと二人自転車で出かけました。
泊まりに行くと、ばばちゃ
んとじじちゃんの間で寝ました。
3人で川の字で寝ていると、ばばちゃ
んとじじちゃんが、ふざけてお互いの足を蹴ってケンカしていて、
れが楽しくて、3人で笑ったのを覚えています。

でごづけ(たくあん)ときゅうり漬けは、周りの固い部分をばばちゃんが食べてく
れて、
ばばちゃんの歯形いっぱいのその漬物を食べて、私は育ちまし
た。
悪いことをすると「ちょーたでるぞ!」と、仏壇の線香を持ってきて
はそう言っていたのが、昨日のことのように思いだされます。

昨日と今日、ばばちゃんの家の台所はにぎやかです。
でもそこに、ば
ばちゃんがいないのが、いまだに信じられません。
ばばちゃんがいな
いと分からないことがいっぱいありすぎて、
やっぱり、ばばちゃんが
いないとダメみたいだよ。

ばばちゃんの作ったごちそう、もう一度食べたい。
ばばちゃんのドロドロの孟宗汁、ばばちゃんのいとこ煮、ばばちゃん
のナス漬け、きゅうり漬け、ばばちゃんのかわりごはん・・・
いつもいつも「かわりご飯作ったがら、食べさ来い」「いとこ煮作っ
たから、食べさこい」って、言ってたね。
あの電話口から聞こえるばばちゃんの声を、もう一度聞きたいです。

入院するようになって、あまり動けなくなってきたばばちゃんを抱き
かかえたとき、
あまりの細さ、軽さ、小ささにショックを受けました

普段、つらいこともあまり口に出さないばばちゃんだったけど、入
院中は何度も弱音を吐いてたね。
苦しかったんだね。痛かったんだね
。もう、ご飯、無理に食べれなんて言わない。
点滴もしなくていい。
いっぱいの薬を飲めなんてもう言わないから、ゆっくり、ゆっくり休んでください。

ひ孫の晴が、「ばばちゃんは、金メダルだ!」と、いつも言っていま
す。
その理由を聞いてみると、
「ばばちゃんは料理が上手だし、お片付けも上手。畑も上手だから!
」と、言っていました。
ばばちゃん、私もそう思うよ。ばばちゃんは金メダル!世界一のばば
ちゃんです。
身体は小さくなってしまったけど、私にはばばちゃんが、とても大き
な大きな存在です。

私たち孫とひ孫をいつも可愛がってくれて、本当にありがとう。

ばばちゃん、楽しいことも、きっとつらいこともたくさんあった長い人生、本
当におつかれさまでした。
今ごろ、ゆっくりしているのかな。
どうか天国で、じじちゃんと一緒に私たちを見守っていてね。

ばばちゃん、今までありがとう。
どうか、安らかに眠ってください。さようなら。




ばばちゃん comments(3)
ばばちゃんの畑
 



小さい頃、保育園に入る前まで私はばばちゃんの家で育った。
保育園に入ってからも、小学生になってからも、大人になった今でも、
頻繁にばばちゃんの家に遊びに行ってる。
ばばちゃんの家はやっぱり落ち着く。

まるで実家。
実家より、実家な感じ。

畑にもいつもついて行った。
ばばちゃんの畑の周りは全部畑と田んぼで、
畑から100mぐらいのところに線路もある。

小さい頃は、ばばちゃんが畑仕事をしている間
その線路脇まで行って、電車が来るのを待っていた。

電車が来ると必ず手を振る。
そうすると、車掌さんも手を振ってくれる。
ついでに、乗客の何人かの人たちも手を振ってくれる。
それがすっごく嬉しかった子供のころのあたし。
思い出すな〜(笑)

その畑の近くをSLが走るという。
ばばちゃんの畑が大好きな娘を連れて、ばばちゃんの畑へ。
娘もばばちゃんの畑が大好き。

ばばちゃんの畑と畑の周りは今も当時のまま。
この写真は、小さい頃のあたしそのもの。
世代が代わっても、変わらない風景があるっていいなぁ。
    



ばばちゃん comments(0)
寒鱈汁とばばちゃん


ばばちゃんは寒鱈汁が大好きです。
でも、寒鱈汁は“酒粕”が入っていないとダメなばばちゃん。

あたしもです。おんなじ。

あたしの味は、ばばちゃんの味。
作るご馳走も、ばばちゃんの味。
むすめの好きなごちそうは、ばばちゃんのごっつお。

寒鱈汁を「あ〜んまい!」と言いながら
美味しそうに食べるばばちゃん。

そんなばばちゃんを見ているのが嬉しいあたしです。



ばばちゃん・・・
チンパンジーのパンくんに似てる・・・。




ばばちゃん comments(0)
白鳥とばばちゃん
101009_1303~001.jpg

ばばちゃんのお家にお泊りです。
むすめが「泊まりたい!泊まりたい!」とせがむので。

ばばちゃんが、お買い物に行きたいというので、酒田市砂越のストアー三吉へ。
小さな小さなお店ですが、野菜とか魚とかが激安なのです。

その途中、稲を刈り終えた田んぼに
たくさんの白鳥がいるのを発見。

毎年冬になると、越冬しに地元に来る白鳥たち。
白鳥が来たのをみると、「冬だな〜」と思うのですが、今年は早くない!?まだ
まだあったかいよ?
それを見たばばちゃん(84才)、
『あだまいいのぉ。ちゃんとわがって。
あんだちっちぇまなぐで、よぐわがるごど。感心だ。』
と言ってました。

あ。。。わからない?

では、訳。
『頭いいねぇ、ちゃんと冬が来るってわかって。
あんなに小さい眼なのに、よく餌(落穂)が見えるよね。』と、言いたかったのです。

ひいおばあちゃんが大好きなむすめは、
次の日もまだ夜が明けきらぬ頃から、『ばばちゃん、まだ起きないかなぁ。』と
ばばちゃんの部屋を除きに行っては戻ってきて、その繰り返し。

日曜日なのに、そんなに早く起きて何がしたいの?
『ばばちゃんのお手伝い!』
でも、日曜日だから、もう少し寝かせててあげてよね。
『ばばちゃんは、早起きだもん。』
そりゃそうですけど・・・

ばばちゃんの部屋の戸が開くのを聞いたとたん、
布団から飛び出て、ばばちゃんの元へいくむすめ。

ばばちゃんは、ひ孫のむすめが大好きで
むすめも、ばばちゃんが大好きで、
相思相愛の二人。
楽しそうにしている二人を見るのが、大好きなあたし。

この光景、いつまで続くかな。
ずっと続いてて欲しいなぁ・・・。


101010_1058~001.jpg


ばばちゃん comments(0)
祭り
100417_1138~001.jpg

おとといは、うちの地域のお祭りでした。
今日は、ばばちゃんの家でお祭りです。

朝からお呼び出しされたあたし。
10:00に行くはずが、10:30になってしまって、
ばばちゃんに怒られ・・・

何かと思えば、
キノコおばちゃん(母の妹)と買い物に行ってくるから、
てんぷらを揚げていなさいとのこと。

えー・・・朝から?

しゃーない。
遅く行ったあたしが悪いのだから。

朝、ばばから「これ持って行きなさい」と言われて
持ってきた“ふきのとう”と“たらの芽”を揚げました。

他の野菜も揚げたし、山菜もいっぱいあったので、
あたしはもう、胸焼け・・・おなかいっぱい・・・

ばばちゃんは、
「人の揚げたものは美味しいのー」と、
本当に美味しそうに食べていました。

あたしの料理の先生のばばちゃん。
今日は「合格点」をいただきました。

まだまだ教えてもらうことはたくさんある。
長生きしてね、ばばちゃん。



ばばちゃん comments(0)
種とメール
ばばちゃんが、止まっている時計を見て、

「種がなくなった」と言いました。

…電池がなくなったってことでした。


さらにばばちゃん、あたしの妹に

「メール送っといた」と言いました。

…留守電のことでした。


メールだなんて、知ってたことにビックリです。

もうすぐ82歳になるばばちゃん。
誕生日のプレゼントは、携帯がいいかしら?




ばばちゃん comments(0)
探し物
町の敬老会を欠席したばばちゃん。
実は82歳だったばばちゃん。

遊びに来たら、探し物をしてた。
何を探しているか、はぐらかして教えてくれない。


…金か!?



しばらくして、あたしが座ったあたりに異物発見。

持ち上げたら、ナント、


入れ歯。


「ばばちゃん、落ちてたよ!」
「んだんだ。これこれ。」


ばばちゃんの探し物は、入れ歯だったらしい…。

┐('〜`;)┌ 




ばばちゃん comments(0)
ざっこ
あたしのばばちゃんは81歳。(前も言ったけど)
最近、金魚を飼いだしました。(おじちゃんがだけど)
ばばちゃんは、ひ孫(むすめ)が遊びに来ると、
「ほら、ざっこ(雑魚)さ、まま(ご飯)かせれ(食べさせなさい)。」と言います。

ざっこて!なんや、それ。
金魚さんも、かわいそうです。
雑魚て・・・


4歳のウチのむすめ、目がテンでした。(いつもだけど)


ばばちゃん comments(0)
ばばちゃん
私の実の母の母。
御年81歳。
母の母なので、天然っぷりは、母以上。
そんなばばちゃん、SMAPのメンバーの名前は、
全員言えるのが、自慢です。

ちなみにじじちゃんは、おととし亡くなりました。

ばばちゃん、大好きです。


ばばちゃん comments(0)
1/1PAGES


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.